大阪の医療レーザー脱毛の特徴とメリットとデメリット

大阪の医療クリニックでは、医療レーザー脱毛をすることができます。

医療レーザー脱毛は、エステサロンなどで行われている光脱毛よりも、レーザー光の出力が高いので医療機関でしか施術を行うことはできません。大阪の医療クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、毛の毛周期に合わせて通う必要があります。毛周期とは毛の成長サイクルのことで、2か月から3か月ごとに成長期、退行期、休止期と3つの段階で構成されています。レーザー光は成長期の毛にしか反応しません。

その為、毛の成長サイクルに合わせて脱毛をすることで効率よく脱毛をすることができます。医療レザー脱毛のメリットは、肌に直接ダメージを与えないという点です。自己処理を続けると、皮膚を傷つけてしまい肌へのダメージを避けることはできません。しかし、医療レーザーは、毛の生える原因のみに反応するので肌へのダメージがほとんどありません。大阪のエステサロンの光脱毛に比べて、医療レーザー脱毛は照射の出力が高いので、より少ない回数で脱毛を終了することができます。

終了までの期間は、個人差や部位によって異なりますが、1年から1年半で完了することができます。医療レーザー脱毛のデメリットは、費用がエステサロンよりも高いという点です。しかし、最近では大阪の医療クリニックでも、エステサロンのように割引キャンペーンをやっているところもあります。キャンペーンを利用することでお得に脱毛をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です