二重になれる美容整形

一重まぶたの人にとって、パッチリとした二重の目というのは憧れです。そのような願いを叶える施術として、美容外科では埋没法という美容整形を行っています。この埋没法とは、針を使って糸で皮膚を留めて二重まぶたにする施術のことです。この埋没法という美容整形には、施術を受ける人にとってたくさんの利点が有ります。

まず、施術の際に体への負担がないことです。というのも、従来のメスで切る施術ではなく、針で糸を留めるだけだからです。それと、医療用の糸なので抜糸の必要もないです。そのため、術後のダウンタイムもなく、気軽に受けられます。

その他にも、施術後に傷痕が残らないことも利点です。皮膚をまぶたの内側から糸で留めるだけなので、傷が見えにくいのです。手術時間も15分くらいととても短く、ストレスを感じることがないです。このように利点が多い美容整形ですが、いくつかの注意点も有ります。

まず、埋没法で二重にした場合、時間が経つとともに元の一重に戻る可能性があることです。というのも、まぶたの裏側を2、3箇所糸で留めているだけなので、その糸がゆるくなってしまうからです。そして、糸が完全に外れてしまえば、二重も自然に取れてしまいます。このような事態が、稀なケースで起こりえます。

なので、施術を受ける前に、美容外科と事前に二重が取れてしまった場合の対処方法について話し合うべきです。無料で施術を再びやってくれるのか、確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *