待機児童問題が深刻化している中、ベビーシッターや民間の託児所などの需要も高まってきているようです。空き家やマンションの一室などを利用して保育園を開設するようなケースも増えてきており、保育所関係のビジネスを始める良いチャンスであるとも考えられるのではないでしょうか。もちろん、子供を預かるのですから、責任のある大変な仕事だとは思いますが、子供が好きで、保育経験もある方であれば、その経験が活かせますし、ビジネスや社会貢献として、保育施設のための土地と建物だけを貸すという参加の仕方も可能です。もしも自宅に使われていないスペースがあったり、空き家の有効活用を考えているのでしたら、保育施設のためにリフォームしてみるのもお勧めです。

その場合、保育所だと大規模ですから、ベビーシッター業務から始めてみるのがお勧めです。普通ベビーシッターは、利用者の自宅に派遣されて保育を行うものですが、様々な都合で自宅で保育をすることか無透かしこともありますから、保育場所を提供することで旅行しやすくなると思われます。リフォームして、入り口や水周りなどを完全に分けてしまえば、貸す方も借りる方も安心して使用することが出来ます。リフォームを行う際には、小さな子供を預かるという視点から、トイレや洗面所、調理場などが安全で使いやすくなっているかどうかが重要な点になるでしょうから、そのようなノウハウに詳しい業者に注文すると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です