ベビーシッターにとって大変なのが、子どものトイレのお世話です。ある程度家庭でできるようになっている子であれば問題ありませんが、まだトイレトレーニングが完了していないという場合もあります。効率よく子どもにトイレトレーニングをしたいのであれば、リフォームしておくといい場合が多いです。ベビーシッターを利用するためだけにリフォーム費用はかけられないと思うかもしれませんが、大金をはたいて全てトイレを作り直さなくても、壁紙を子どもが喜ぶ色調にするなどのプチリフォームでもいいです。

ただし、トイレは臭いが厄介なので、アンモニア臭を消臭してくれる機能がついた壁紙を利用したほうがいいです。壁紙に消臭剤を配合して空気中の臭いを押さえ込むタイプや、臭いを分解する酵素や触媒を壁紙に混ぜ込んで消臭するタイプがあります。家庭でよく使われているのは後者で、ベビーシッター目線からもおすすめです。光触媒や銀イオンなどを触媒にした壁紙で、アンモニアや硫化水素といった臭いのもとになる成分を吸収してクリーンな空気に分解して送り出してくれます。

効果は半永久的に持続します。子どもが好きな柄物を選ぶときには、なるべく小さな柄を選びましょう。あまりにも派手なものを選んでしまうと、トイレ全体が狭く見えてしまいます。すると圧迫感が強まるので、子どもが嫌がる可能性があります。

また、柄物を使うときには全体を統一して、ちぐはぐにならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です